誰でも簡単にカーコーティング!本格ガラスコーティング剤に負けない次世代プロテクトコート。オススメの車プロテクトコーティング剤はこれ!

answer 純水器

33,000円(税3,000円)

定価 33,000円(税3,000円)




【TDSメーターによる計測】
TDSメーターで水質チェックをします。これは、水の中に含まれる
“不純物”がどのくらい入っているかをチェックするためです。
(この場合の不純物とは、各種ミネラル成分や塩素分を指します。)
塩素分が多いと必然的にppmの数値は大きくなります。

【仕様】
20インチ(樹脂5L)純水量1.6L/min
採水純水量:約1600L
標準流量:30〜120L/h
採水水質:10μs以下
原水圧力:0.05〜0.5MPa
使用水温:5℃以上40℃未満

【ご注意】
純水で洗車をすると水シミが残りませんので、拭上げ残りやコーティング被膜への影響も心配いりません。
但し、純水自体には水シミとなる物質は入っておりませんが、拭き上げをせずに放置しておくと
空気中のホコリなどを吸着し汚れの原因となる場合がありますので、
洗車後は軽く拭上げられることをオススメします。

【お客様からのご指摘事項について】
弊社が複数の箇所で実験したところ、通常の屋外水道栓からの水流で問題なく
純水(TDSメーター 0.00PPM)になるのですが、一部のお客さまから純水にならないとご指摘がありました。

調査した結果、お使いの水流(水量)がイオン交換樹脂5Lのろ過能力を上回っていたことが判明いたしました。
この場合、純水には当然なりません。
対処方法は、水量を調節(蛇口を絞る)しろ過能力内に収めるか、純水器を増設するかになります。
※水量を絞っても洗車ができないという事は、考えにくいです。